FXCM スタンダード口座の特徴

FXCM

FXCMのスタンダード口座の特徴は、取引時の為替レートが公正で純粋なインターバンクレートを採用していることです。

多くのFX業者が採用している為替レートは基本的にインターバンクレートを基本としていますが、銀行間取引のレートにFX業者が僅かにずらした独自のレートを採用している会社が多く存在します。
このようなFX業者は"手数料完全無料”とか"狭いスプレッド"、などと宣伝しつつ実は業者が利益を得られるような仕組みを採用しており、このような業者のFX口座の利用者は不利な状況での勝負を強いられているようなものなのです。

この点FXCMのスタンダード口座では取引レートに一切加工されていない純粋なインターバンクレートを使用しており、個人の場合は毎回の取引時に一万通貨単位あたり20~50円の手数料を支払うシステムですから、投資家は通貨取引という"勝負"の場において取引の透明性が高く、フェアなコンディションでトレーディングを行うことができるので安心です。

高性能でも扱いやすいシステム

FXCM

FXCMの高性能取引システム(Trading Station)は、投資家は見やすいチャート画面上でマウスをクリックするだけで視覚的に取引を行うことができる環境を提供しています。
さらにリアルタイムで損益計算結果を表示、レート情報を見やすいように自分で自由にカスタマイズする機能が備わっているのでストレスを感じることがありません。

チャンスを逃さないスピード取引

FXCM

FXCMはスピーディーな取引が可能であるという特徴があります。為替取引とはレートが刻一刻と変化する状況で顧客からの売買注文を受けたFX業者が国内外の投資家との間でお互いに通貨を売買することにより成立するものです。

もしも経済状況の変化や金融当局の重大発表があれば世界中で売り注文と買い注文が殺到して急激な為替レートの変動が生じることがあります。

このような状況で投資家がチャンスを逃さない、または損失を最小限に止められるかどうかは、運営会社が顧客の注文を受けてからいかに速く国際的な取引の現場に売買取引を持ち込めるか、すなわち業者がいかに強力な通信システムを持っているかによって決定されます。

FXCMでは顧客からの注文を受けてから取引を実行するまでの時間を可能な限り縮めるための強力な通信網を構築しており、顧客からの注文から取引成立までのタイムラグを最小限にすることが可能です。

FXCMジャパン > スタンダード口座