FXCM プレミアム口座の特徴

FXCM

FXCMのプレミアム口座ではNDD方式と呼ばれるシステムを採用しており、透明感の高い取引を実現することができます。

日本の多くのFX業者ではDD方式と呼ばれるシステムを採用しています。
NDD方式とDD方式の違いは、DD方式はお客様から受けた注文をFX業者が受け取り、FX業者を介してインターバンク市場の金融機関に流します。
一方FXCMのプレミアム口座で採用されているNDD方式は、お客様からの注文をダイレクトにインターバンク市場の金融機関に流してくれるという違いです。

DD方式の場合には注文を受け取っても、すぐにインターバンク市場に流すことはしないので、いわゆるストップ狩りに遭ったり、レートを不利なレートに操作されるといったデメリットが発生します。

FXCMのプレミアム口座では、そのようなレート操作をされる心配はありませんので、公平なトレードを行うことができます。

通貨ペアを手数料

FXCM

取引単位は1万通貨からで取引可能な通貨ペアはドル円やユーロドル、ユーロ円などの主要通貨ペアを含めた40通貨ペアの取引が可能です。

FXCMでは取引手数料も無料となっており、スキャルピングやデイトレードで重要になってくるスプレッドもドル円では0.6銭、ユーロドルでは0.9銭になっていますので、利益の出やすいスプレッドとなります。

短期トレードから長期トレードまで

FXCM

通貨ペアのリアルタイム表示も実施されているので、ティック毎の値洗いで評価損益や口座状況を表示してくれます。変動の激しいFX相場であっても、損益確認が簡単に出来て短期売買の方にも最適なシステムになります。

スワップ金利についてはインターバンクの実際レートを反映したスワップを提供してくれて、さらに建玉を維持したままでもスワップ金利を受け取ることが可能ですので、スワップ狙いのポジションは保有したままで毎日スワップ金利を受け取ることができます。

短期トレードから長期トレードまで対応可能なFXCMのプレミアム口座を利用してみるのも一つの手です。

FXCMジャパン > プレミアム口座